ノーベル賞にも輝いた奇跡の発見

iPS細胞についてノーベル賞にも輝いた奇跡の発見と言われており、治療実績が重んじられる医学研究の中でも作製から6年という短期間で賞に輝くという面からも大きく期待されていることが伺えます。2012年のノーベル生理学、医学賞をiPS細胞を初めて作製した京都大学教授の山中伸弥iPS細胞研究所長と、ジョン・ガードン英ケンブリッジ大名誉教授の2人に贈ると発表されました。生物のあらゆる細胞に成長・転用でき再生医療の実現につながることが高く評価された結果になっています。またノーベル賞の授賞理由については、カロリンスカ研究所は声明において「細胞や器官の進化に関する我々の理解に革命を起こした」と説明しています。
実際に山中伸弥iPS細胞研究所長がiPS細胞の作製について報告したことによってiPS細胞研究への参入が増加、再生医療について研究の競争が激化しています。この事からも世界中から注目されていることや、今後の再生医療において奇跡となる存在であったことが伺えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です