そもそもiPS細胞って?

iPS細胞について、正式名称はnduced pluripotent stem cellであり、人工多能性幹細胞と呼ばれています。自分の皮膚や髪の毛の細胞から抽出して培養し、身体の組織や臓器などの細胞へ分化させることを目的としています。iPS細胞は、万能細胞とも呼ばれており、特に医療の分野から高い注目を浴びています。同じ研究については既存でES細胞というものがありましたが、こちらと比べても身体に対する拒否反応がでにくいことや、倫理的観点からも問題がないことから今後更に研究が進むものだとされています。
ES細胞というものは人間の受精卵から細胞を取り出し、人間の組織や細胞へ転用するというものです。人間の受精卵ですから、そのまま母体の中にいることで赤ちゃんが生まれます。つまり赤ちゃんを成長前に取り出し細胞だけを取る行為に準ずると考えられており、どうしても倫理上の観点から許されないという意見があることや、他人の細胞を使うためある程度の拒否反応が出ることが考えられています。
こうした部分ではiPS細胞は自分の皮膚などの細胞組織を使うためある程度クリアになっています。しかし理論上ではiPS細胞が実用化できれば、皮膚などから精子や卵子を作ることも可能になってしまうため新しい倫理問題が生まれることも考えられています。またiPS細胞の癌化問題があり、解決方向には向かっていますが、こちらも実用化の上で問題になることが予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です