iPSにまつわる取り組み

iPS細胞にまつわる取り組みについて、細胞組織の報告があがり存在が広まるようになってから研究が進み様々な取り組みがなされています。誕生から約9年近い期間が経ち、実際の人間からの細胞を使ってiPS細胞作成に成功したことや、肝臓などのヒト臓器を作るための実験への成功や、インスリン分泌器官など特定の機能を持つ体内の器官を作成することに成功、加齢黄斑変性症については臨床研究にまで進んでいることなど、大きな進展が見られています。
また現在の取り組みについて、大きな進展が見られていることから新しい目標も掲げられています。まず基盤技術の確立と知的財産の確保です。基本的な特許を取得することです。次に、 医療用iPS細胞ストックの構築です。臓器移植などにおいて、ヒト臓器を培養している時間などが持つことが出来ないことを見通してある程度の型に合わせたストックを作ることになります。そして、前臨床試験から臨床試験への信徒店についても掲げられています。加齢黄斑変性などについては臨床研究がはじまっています。最後に、患者さん由来のiPS細胞を用いた治療薬開発への貢献について、動物実験を用いて既存薬の効果が確認されたことが報告にあがっています。こうした既存薬の応用についても今後更に研究が深まっていくことが考えられています。
また多くのベンチャー企業がiPS細胞から作成した体細胞を製品化しており、今後も更なる成長産業としてなっていくことに注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です