再生医療で活躍するiPS細胞

再生医療においてiPS細胞というものは概念すらも揺り動かしてしまうくらい大きなものになっています。従来の再生医療においては細胞レベルの範囲内で修復し、また機能回復を促すといった範囲にとどまっていましたが、人の臓器を生み出すといった無限の可能性を秘めている分野へと変貌しています。
横浜市立大学の臓器再生医学の研究チームによって、iPS細胞から肝細胞ではなく肝臓を作り出すこといったコンセプトに基づいたヒト臓器の創造といった大きな成果を見せています。臓器を創りだすための原基を作製し、それを患者へ提供するということで従来であれば臓器移植を待つだけだった患者へのより質の高い治療を迅速に行うことが可能になります。またこの移植に変わる新しい再生医療に関しても、2019年に臨床応用がスタートされる見通しとなっており、今後も加速度的に再生医療が進歩していくことが期待されています。
拒絶反応や感染症など問題が残る臓器移植に取って代わるだけではなく難病についての取り組みにおいてもiPS細胞の活躍が期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です