病気で死なない社会が来る?

iPS細胞が完全に実用化された将来、病気で死なない社会が来ると言われています。本当にそんな社会が訪れるのでしょうか?
iPS細胞によって病気で死ぬことが無くなることについて、完全実用化が果たされれば、悪くなった臓器や体内細胞については、すべて培養した細胞で代用することができるようになります。そのため臓器移植の問題も解決し、また従来の医療では治療することのできなかったものについても行うことが可能になります。また死滅した細胞を入れ替えることで身体を再生することができるのです。
iPS細胞にはまだまだ問題点もあり、再生医療そのものがすべての人へ提供できるようになるためには相当な時間がかかると考えられています。しかし医療分野においては正に奇跡とも言える光明であることは間違いではありません。また今まで解決できなかった医療的な問題だけではなく、難病すらも人為的な治療を持って乗り越えることが可能になるかもしれません。今後もiPS細胞の動向について注目していくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です