HOME

未来を変えるかもしれない「iPS細胞」について、将来の医療業界において重要かつ大きなマーケットになることが期待されており、日本のみならず全世界から注目されています。ニュースや新聞などで名前は見かけたことはあるという方も多いのではないでしょうか。

iPS細胞とは、再生医療などに使われるための細胞組織であり、こういった細胞にはES細胞などもあります。なぜ大きく取りざたされたのかというと、人の細胞組織や培養によって臓器などへの転用ができることが期待されているからです。人間の皮膚や髪の毛の細胞から抽出して培養し、身体の組織や臓器などの細胞へ分化させることを目的としているのですが倫理的な面からも実用化に対して最も近い存在であることからも評価されています。

iPS細胞が優れている点については、まずは再生医療の分野において既存では成し得ない存在になることです。iPS細胞から作成した器官や臓器を移植することで病状を回復することができます。従来では臓器移植で頼るしかなかったことや、臓器移植待ちで待機状態なども無くなることや移植による拒絶反応などもマイナス面も克服することができます。次に新薬の開発へも使用できることです。効果を調べたい薬剤を細胞を使うことで確かめることができます。従来では被験者を使った臨床試験を行わなければわからないものです。また心臓など命に関わる臓器などにも作用があるものなども、制約が無く行えるようになります。そして、病気に対する解明が進むことや遺伝子治療にも踏み込むことが可能になります。細胞を初期化することができるため、細胞がどのように分化して変わっていくのかを観察することができます。そのためどのようなメカニズムで症状が発生するのかも明らかになります。こういった細胞の観察も精密に行えるため、遺伝性の強い病気にも踏み込むことができ、将来的には発病の原因になる遺伝子を書き換えることも可能になるのです。

オススメサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です